2016年12月2日金曜日

住宅ストック循環支援事業 2017 三重県リフォーム みのや 自然素材の家


健康住宅とリフォーム みのや白木です。


住宅ストック循環支援事業

エコリフォームの補助金について

「住宅ストック  循環支援事業」 柱は3本あります


1.エコリフォームに 対する支援

2.既存住宅の 購入に対する支援

3.エコ住宅ヘの 建て替えに対する支援



リフォームに関しての該当はそのうちの1つです。

「エコリフォーム」に対しての補助金です。

① 開口部の 断熱改修

② 外壁 屋根 天井の断熱改修

③ 設備エコ改修   補助金限度額は 30万円

  耐震改修を行う場合は 45万円が限度額となります。


以前のエコポイントと今回は全く異なる点が1つあります。
それは「優良住宅のストック」が目的だという点です。


このエコリフォームの 補助金がもらえる方の 必須条件があります。

それは 昭和56年以降の 
新耐震基準を満たす家である事が条件となります。

昭和56年以前の 家に住んでいる方は
エコリフォームの補助金を受ける場合
耐震工事をしないといけないのです。

もともと耐震リフォームをされるお客様は、
一緒にエコリフォームされればメリットも高いのですが

エコリフォームをしたいお客様にとっては、
補助金の為におこなう耐震工事費用が 大きすぎるので
対象として難しいのではないかと思われます。


今回のエコリフォームの対象は 

昭和56年6月1日以降の 新耐震基準で 
設計された住宅に住んで 見えるかたがメインの補助金です。

そして もう一つハードルがあります。
新耐震基準適合の 住宅だということの証明が必要です。


証明できるものとして3つあります。

① 建物が昭和58年4月1日の新築で登記されている謄本


② 建物の建築確認済証が 昭和56年6月1日以降で 
   発行されている 「建築確認申請済証」。


③ 建築士が 新耐震に適合していると確認した証明書
   診断の費用って通常10万以上必要です。


現実的に 今回の補助金の対象となれそうな人は

①か②の いずれかが対象のお宅です。

補助金の活用は
この二つ どちらかが無いと難しいと思います。

補助金で リフォームを検討しているかた
書類を探すか法務局に書類を確認にいくこと。

それが先決です。

該当してる人にとっては、補助金はチャンスだと思います。


今回は
「住宅ストック 循環支援事業」についての お知らせでした。


詳しくは「みのや」に、ご予約 ご来店ください


健康住宅とリフォーム 鈴鹿市 みのや 









2016年12月1日木曜日

松坂の家 全館空調 自然素材の家 三重県minoya ヒートショックの無い暖かい家




健康住宅とリフォーム みのや白木です。


全館冷暖房の家  大きな吹き抜けがあっても家全体が
暖かい、魔法瓶のような空間です。

断熱材にはセルロースファイバーを使用。

無垢のフローリングに漆喰の塗り壁です。

バリ島、ティストの素敵なお宅です。


家造りの参考にしてくださいネ~


家造り・リフォームをお考えの方は
ご来店ご予約お待ちしています。



全館冷暖房の家 三重県minoya




三重県 亀山の家 全館冷暖房の家 自然素材の家 三重県minoya 2016 



健康住宅とリフォーム みのや白木です。


今回は亀山の家のご紹介です。

全館冷暖房とノビリアキッチンの素敵なお宅です。

キッチンに住むをテーマに間取りプランを検討したお宅です。

ロフトへの階段など見所満載の自然素材の家。

家造りの参考にして下さい。

お気軽に御相談ご来店お待ちしています。
ご来店の際は電話にて予約をお願い致します。

現場にででいることも多いので、よろしくお願い致します。






自然素材・全館冷暖房の家 三重県







2016年11月30日水曜日

完成見学・体感会 オーナー様のご厚意により開催させて頂きます。12月11日 鈴鹿市南玉垣の家 これは必見です

健康住宅とリフォーム minoya白木です。



11月に開催させて頂いた完成見学会。

お引き渡しは完了していますが、
お引っ越しされるのに時間があるので
再度完成見学会を開催させて頂くことが可能になりました。


オーナー様、本当にありがとうございます。


コチラのお宅です!

12月11日自然素材・全館冷暖房の家 自然素材の家 完成見学会 鈴鹿市12月11日自然素材・全館冷暖房の家 自然素材の家 完成見学会 鈴鹿市

12月11日自然素材・全館冷暖房の家 自然素材の家 完成見学会 鈴鹿市12月11日自然素材・全館冷暖房の家 自然素材の家 完成見学会 鈴鹿市

12月11日自然素材・全館冷暖房の家 自然素材の家 完成見学会 鈴鹿市



そんな素敵な全館冷暖房の家、寒くなってきましたので
その暖かさ、快適さを体感することができます。
(絶対ビックリします~)


また電磁波カットした寝室、子供部屋の気持ちの良い
空間も体感することが出来ます。
目には見えませんが、電磁波測定器で
電磁波の正体をご披露します。(またまたビックリ!)

小さなお子様のためには電磁波カットの空間は大事ですよ!
知らないでは済まされません~


完成見学会の日程は12月11日(日曜日)
午前10時~19時  ご予約制でのご案内です。


来年こそマイホームとお考えの方、平屋に建て替えの方
レンガ積みの家を検討の方、企画プランで1000万円台からの
自然素材の家をご検討の方、家の空気、環境って
こんなに違う物かと目からウロコがはげ落ちます。


建ててからではどうすることも出来ません。


この機会に是非に体感することをお勧め致します。


また、リノベーション・リフォームで自然素材の家に
チェンジすることも可能ですのでそんな
お考えの方もご参加下さい。


夕方から、夜の雰囲気がとても
お洒落な空間に変化します。見所の一つです。

12月11日自然素材・全館冷暖房の家 自然素材の家 完成見学会 鈴鹿市

12月11日自然素材・全館冷暖房の家 自然素材の家 完成見学会 鈴鹿市12月11日自然素材・全館冷暖房の家 自然素材の家 完成見学会 鈴鹿市



カフェのようなリビングをテーマにした「南玉垣の家」

ご参加お待ちしています。

お申し込みは Phone 0120-818-190 minoya  

メールでのお申し込みはコチラから



会場地図 https://goo.gl/maps/1xgRqymE3P

会場




また別の日程で個別でのご案内も
12月16日までは対応できることも
ありますのでお声がけ下さい。








楠町の家・平屋の家 三重県四日市 全館空調自然素材の家 minoyaの家


健康住宅とリフォーム minoya白木です。


平屋スタイルの素敵な家

施工事例写真公開させて頂きます。

ワンフロアーで暮らせるのが良いですね!

本体価格1000万円台からの平屋スタイル・自然素材の家

お気軽に、ご来店ご相談くださいネ!











2016年11月28日月曜日

毎年冬になると、全国で  約1万7000人もの人々がヒートショックで急死されています。


健康住宅とリフォーム みのや白木です。



家造りで失敗しない為の 情報を、お伝えします!

今回はヒートショックについて説明します。


毎年冬になると、全国で 
約1万7000人もの人々がヒートショックで急死されています。

ヒートショックとは?

ヒートショックとは、家の中の 急激な温度差が 
もたらす身体への悪影響のことです。
急激な温度変化により、血圧が大きく変動することで、
失神や心筋梗塞、脳梗塞などを起こすことがあります。

家庭内で 高齢者が死亡する原因の 4分の1を占める
「ヒートショック」年間1万人以上  
(平成25年中の交通事故死 4,373人)

さらに病死と判断されている方も多く、実際の数は 
もっと多いと考えられています。
少なくとも交通事故の2倍の死亡数であり、大きな問題です。
浴槽内 溺死の8割以上は高齢者であり、その最大の
原因と考えられています。


住宅の暖かさに不満を感じている

暖差リスク予防委員会が、2014年10月に インターネットで
行ったアンケートによると、約半数が 冬の住宅の暖かさに
不満を持っている。なんと、46.2%と 約半数が「やや不満」
「不満」と回答しています!


さらに暖房をつけても 部屋が寒い、暖房をつけた後、
部屋が暖まるのに 時間がかかると続きます。
やはり全国調査でも、脱衣所、浴室などを寒い場所と 
感じているようです。


入浴時には服を脱ぐことで寒さが増し、体内では熱が
逃げないように皮膚表面の血管を縮めるため、
血圧が上昇します。湯船で温まりますが、この時に
身体を温めるため、皮膚の血管が広がり血液を温めます。
しかし血管が広がることで血圧が急激に低下します。

この急激な血圧変化が重大な病気を起こします。
最悪の場合命を落とす場合もあり、
高齢者が自宅で亡くなる大きな原因となっています。


世界基準でみた エコ住宅を考える



先進国では、24℃ぐらいに設定して、家の中を 
全館暖房しています。
無暖房の状態でも室温が18℃を下回らないような
基準になっています。


それに対して日本ではリビングを 暖房で20℃程度を
保とうとしますが、脱衣場などの非暖房室は外気温に
左右されて、10℃以下しか ないような状況を我慢して
暮らしています。


これが他の先進国に比べて、ヒートショックで亡くなる人が
多い原因になっているのです。
「日本以外の先進国では、全館冷暖房が基準になっています」



住宅性能の低い家が ヒートショックの理由


ヒートショックを防止するには「家の中で 温度差が出来る
だけない状態を作る」ことがとても重要です。
そして、他の先進国と同様「全館冷暖房」が 
体に負担の少ない環境づくりのベースになることも
分かりました。  

                
minoyaが全館冷暖房をお勧めする理由の一つです。      
魔法瓶のような 家造りが大切です。   
           
家族が 健康で快適に 暮らせることが一番です!


最後にヒートショックによる 事故を未然に防ぐには?

冬場の入浴時の事故を未然に防ぐためには、

居間と脱衣所と浴室の温度差を できるだけ
小さくしておくことが大切です。  
また、ぬるめの湯加減でじんわり体を温めるのがいいようです。


1. 脱衣所に暖房器具を置くなどして、入浴前に脱衣所を
    暖かくしておく  居室と脱衣所との温度差をなくす。

2. 浴槽のふたを開けたり、服を脱ぐ前に浴室の床や壁に
     温かいシャワーをまくなどして、浴室を暖めておく 
    脱衣所と浴室との温度差をなくす。

3. 湯船に入る前に、手や足といった末端の部分から 
    かけ湯をして、徐々に体を温めていく 
    ぬるめの湯で じんわり 体を温める。

4. いきなり肩まで湯船に沈めずに、足からゆっくりと入り、
    徐々に肩まで沈めていく

5. 入浴時間は、ほんのり汗ばむ程度にする

6. 湯船から出る際は、急に立ち上がらずに 
               ゆっくりと立ち上がり、湯船から出る

7. 飲酒後の入浴は避ける
8. 入浴の 前後には コップ1杯程度の水分を補給する


 今回は、ヒートショックについて説明しました。









全館空調の家 三重県


2016年11月26日土曜日

家造りで失敗しない為の情報を、お伝えします!① 日本の家が短命な理由 三重県 みのや




大手住宅営業が知らない  住宅情報
ナチュラルハウス minoya


日本の家が短命な理由



日本の住宅寿命が
 26年~30年の理由


平成19年度の国土交通省の白書には、壊された住宅の
平均築後年数の  国際比較が載っています。
それによると日本では30年、アメリカは55年、
イギリス77年となっています。

これは壊された住宅の 平均築年数なので、
実際にはもう少し長くなると考えられますが、                     
それでもアメリカやイギリスと比べ、
日本はたいへん短くなっています。        


その原因として、一つは戦後大量に建てられた
住宅の質(広さや設備)があまり良くなく
現在に至るまでに取り壊されるものが多かったこと、

日本では法定耐用年数が決められており、
木造住宅なら20~22年で 資産価値がなくなると
判断されるため、古くなると壊して また新しく
建てようと考える傾向があり、

欧米のように「住宅の手入れをして 長持ちさせよう」と
いう意識が根付かなかったことなどが挙げられます。



住宅の寿命は「法定耐用年数」

「法定耐用年数」とは
「日本の固定資産税評価による償却期間」のことで、
実際にその家を使用した 年月日を示すものではなく、
税法上の耐用年数を示しています。


つまり日本では、税法上では
木造住宅なら20~22年、
鉄骨造なら19~34年、
鉄筋コンクリート造なら47年が経過すれば建物の
価値がゼロになります。
一般的に「住宅の寿命」としてこの法定耐用年数が
用いられることが多いようです。



大手ハウスメーカー 30年で建て替える前提

短命な住宅寿命の理由は 対応年数とそれに見合った
建築材料で建築されること。
企業である大手は30年で建て替えるのを前提として
家を造った。

地場工務店も大手のマネをして建築し始めた。
工業化された建材で建築したこと 
(接着剤、ビニールクロス、グラスウール、、、)

昔の日本の建築のように、高温多湿な日本の
風土に適さない家造りであること
当然、住宅は長持ちしません 

暑くて、寒い、低レベルの 家が 建築されている




長期にわたって使える住宅が必須

住宅ローンを35年で 確保した住宅がどれだけの
期間使われているかをみると、滅失した住宅の
平均築後年数は約30年であり、 アメリカ等と比較して
短くなっている。

高い費用をかけて取得した住宅が利用される期間が
短いということは、住む人にとって1年あたりの 
建築費相当の 負担が大きくなり、
かつ解体のコストも余計にかかることになり、
それだけ 住居費の負担が重くなることを意味している。

このような負担を軽くするためにも、住宅を 
長寿命化し、長期にわたって使える

ストック型社会へ転換することが求められる。




今も変らない家造り

工業化された建材で建築される  欧米に比べて低い基準の家造り 
工業化製品は耐久性が無い(寿命が短い)
調湿性能の無い断熱材を採用
壁内結露の問題 シックハウス
電磁波対策がされていない
自然素材・無垢材が採用されない



既存住宅の流通

本物素材・自然素材を中心に建築されている欧米の家は、
ビンテージな味わいがあり、永く快適に暮らせます


日本の現状の建築材料で 建築された家は 30年持ちません、
今後も欧米のような既存住宅の流通は起こせない?




      日本の住宅寿命が短命で低レベルな理由  ①

2016年11月25日金曜日

上棟おめでとうございます。 三重県津市 B様邸 平屋の家 上天気での棟上げ。おめでとうございます。


健康住宅とリフォーム みのや白木です。



津市にて平屋の家 自然素材全館空調の家

上天気で棟上げでした。

お施主様おめでとうございます。

大工さん、お疲れ様でした。

明日より、木工事よろしくお願い致します。



平屋の家 三重県 みのや


平屋の家 三重県 みのや


平屋の家 三重県 みのや

平屋の家 三重県 みのや

平屋の家 三重県 みのや

平屋の家 三重県 みのや平屋の家 三重県 みのや



平屋の家 三重県 みのや

平屋の家 三重県 みのや

平屋の家 三重県 みのや

平屋の家 三重県 みのや